okinawa

久高島の浜辺で。


沖縄の久高島の夜。
満月、満天の星空、時々流れ星。


誰もいない浜辺で、月明かりだけを頼りに
島で数える程しかない食堂でテイクアウトした
野菜炒め定食弁当に一人ありつく。


周りを見渡しても誰もいない。

風が吹いてこたえるアダンの木のざわめき、沖縄の海の波打つ声、
逃げも隠れもしない満月と星達が今日の食事のお相手達だ。

得体の知れないでかい鳥の羽ばたく音が
心臓の鼓動の脈拍数を変え、割り箸の動きを止める。


そこに流れるもう一つの音はTINGARAの曲。
そう、今回のビッグシンクロニシティに非常に関係のある人で
大好きなアーティストだ。

実家にいても沖縄への旅ができたのはTINGARAの曲のおかげなのだが、
また海によくあう。
(http://www.tingara.com/ 視聴出来ます☆)


曲を聴きながら、月明かりでよく見えない野菜を口にいれる。

あ、これゴーヤだ。

これはキャベツ。

海の潮風と共に食べる野菜はこの上なく格別だ。


あ、キャベツ砂浜に落ちた。


ここでのマナーと言えば、自然をただ感じ、感謝の気持ちを抱くことぐらいだ。


座る場所は
白い珊瑚で出来た冷たい絨毯。こぼしても誰にも怒られない。


フランス料理に負けず劣らずのフルコースを堪能し、ディナーも終わりに近づいた。

するとかけがえのない身近にいる人や仲間、お世話になっている人の顔がどんどんでてくる。

どうやら離れた距離と、人を思う気持ちの回数は正比例するようだ。


この海の先に自分のホームはある。

そんな事を考えながら、野菜炒めの汁にまみれたご飯を一気に口へほおばった。


ふと空をみると、食事終了のサインのように
流れ星がきらめいた。

(続く。)

Okinawa_015

| | コメント (0) | トラックバック (0)