日記・コラム・つぶやき

サミュエルウルマン

正月(旧暦)を境に変化がめまぐるしい。

そんな中
アメリカの実業家であったサミュエルウルマンの詩に
久しぶりに出会う。

思わずwikipediaの文章コピペした。
以下↓

青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。
若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、
安・易(やすき)に就こうとする自らを戒め、
冒険する心を忘れてはならない。

人間は年齢(とし)を重ねた時老いるのではない。
理想をなくした時老いるのである。

歳月は人間の皮膚に皺を刻むが
情熱の消失は心に皺を作る。

悩みや疑い・不安や恐怖・失望、これらのものこそ若さを消滅させ、
雲ひとつない空のような心をだいなしにしてしまう元凶である。

六十歳になろうと十六歳であろうと人間は、驚きへの憧憬・夜空に輝く星座の
煌きにも似た事象や思想に対する敬愛・何かに挑戦する心・子供のような探究心・
人生の喜びとそれに対する興味を変わらず胸に抱くことができる。

人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。

自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。

希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。

自然や神仏や他者から、
美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、その人は若いのだ。

感性を失い、心が皮肉に被われ、嘆きや悲しみに閉ざされる時、人間は真に老いるのである。

この詩に出会ったのは実は小学生の頃。

塾の国語の先生が書いた手書きのプリントを
生徒全員に配ってくれたのだ。

進学塾をどうこう言って教育を論じるより、
そういう先生が塾にいるということを忘れてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おん洗 おふ路

厚木にあるお気に入りの温泉へ。

通りすがりの人に「こんにちは」とご挨拶。

温泉に入る。

時間もどのくらいたったかわからずお湯から出る。

何かとても気持ちいい心地のまま、

近くのカフェへ。

ココアとクッキー頼んで一休み。

クッキーについてたミントをかむと、

さっきの道を歩く足音が聞こえるようだ。

あ~、生きてるって感じだ。

とつれづれ日記終わり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)