« 地球に住むゾウとクジラの知性とは… | トップページ | 12月21日(火)はみんなで皆既月食見ましょう☆ »

アラスカの語り部ボブ・サムさん (1)

''わたしたちはこのことを語るためにここに集っている。
魂を語ることをおそるるなかれ。
少し前をさかのぼってみよう。
いかにしてわたしたちが魂を得たのか''

アラスカ先住民クリンケット族の語り部、
ボブ・サムさんのストーリーテリングを
聴いてきた。(Cafe OHANAにて)

冒頭の文章はクリンキット族に語り継がれている
神話に出てくる最初の下りである。

写真家の故星野道夫さんと盟友であり、
日本を何度も訪れたことがある彼は
日本や欧米各地で神話のストーリーテリングを
行っていると祖先の墓地・聖地の修復など活動は
多岐に渡る。

お店のドアをあけた途端に彼の姿が目に入り、
「やさしいお父さん」という印象を受けた。

木のぬくもり溢れる空間の中、彼はマイクの前に立ち
現地の言葉でお祈りをはじめ、語りがいよいよ始まった。

声を聴いたとたんに、何か懐かしい気持ちになり
まるで小さい赤ん坊が絵本に夢中になっているかのように
口を半開きになって彼の語りに引き込まれ静けさを味わう自分に
気がつく。

そして英語を勉強している人がボブさんの英語を聴いたら、
誰もが好きになるんじゃないかと思う程、
ボブさんの英語は優しさが溢れ、ゆっくりとした時間が流れる。

時計の針では計れない昔から流れ続けている何かに漂いながら、
笑顔になっていた。

|

« 地球に住むゾウとクジラの知性とは… | トップページ | 12月21日(火)はみんなで皆既月食見ましょう☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404332/37868057

この記事へのトラックバック一覧です: アラスカの語り部ボブ・サムさん (1):

« 地球に住むゾウとクジラの知性とは… | トップページ | 12月21日(火)はみんなで皆既月食見ましょう☆ »